BCASカードの2038年化?CardTool.exeが話題になってる


スポンサーリンク

CardTool.exeというツールが
話題になってるみたいです。

これ自体は
BCASカードが持つバイナリデータを
書き換える為のツールのようですが、
非公開ツールだとか。

CardTool.exeを
直接ダウンロードすることはできず
pastebin.comに貼られたバイナリを
rar化→解凍→ビルド
をしなくてはいけないらしく
まだまだ素人には敷居が高そうです。
(手順を複雑にしたのは摘発を恐れて?)

ただ、手順を解説しているサイトが多数あり
実際に試してはいませんが、
素人でもいちから手順通りやれば
書き換えが可能なくらいには、
詳しく解説されてました。
バックアップも取るので
失敗のリスクも少なそうです。
ただし、URLの公表は差し控えます。

2038年化という言葉自体
意味が分からなかったのですが
有料放送の無料試聴期間を
2038年まで有効にすることだとか。

これでますます
規制強化ということに
ならなければいいんですけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

タグ: , ,


スポンサーリンク

コメントをどうぞ